データの入稿について(Officeデータの場合)

激安うちわ王国では、Microsoft Officeデータ(Word・Excel・PowerPoint)でのご入稿も承っております。その際の印刷用データへの変換料は別途料金となります。(デザイン制作費)Microsoft Officeは本来、印刷用データを作成するために作られたソフトではないためOfficeデータから印刷物を作成する際、元のOfficeデータでのイメージと印刷物の仕上がりイメージが変わることがございます。
データ作成・ご入稿の際は下記のご注意点をご参考ください。

激安うちわ王国では、確認用として印刷の仕上がりをメールでお見せいたします。
文字やレイアウトなどに、訂正がございましたら再入稿が可能です。

Officeデータのご入稿形態
【PDFデータの入稿】
お客様の製作環境から、PDFデータを書き出していただき、ご入稿いただく方法です。フォントを埋め込む事で、 レイアウトくずれ等のトラブルを軽減する事ができます。
【ネイティブデータの入稿】
WordやExcelなどのOfficeデータをそのままご入稿いただく方法です。
対応アプリケーション
Word 2000 2002 2003 2007 2010 2013 2016
Excel
PowerPoint
データ作成時のご注意点
色の変換について

カラーを指定する場合、Office系アプリケーションでは全て光の三原色であるRGBで指定しますが、印刷用データでは、色材の三原色であるシアン・マゼンタ・イエローにブラックを追加したCMYKで指定します。この2種類のカラースペースの特性上、RGBの方が表現可能域が広い為、印刷用データに変換してCMYKにする際は、特に彩度の高い色で激しく色相が変わり、くすんだ感じになってしまいます。
これは、RGBでカラーを指定するOfficeから印刷物を作成する場合、避けられない問題です。弊社では可能な限りの再現に努めておりますが、再現性の限界があることをご了承ください。

フォントやレイアウトについて

Office系アプリケーションでは、データ作成時に使用したフォントが出力側(弊社側)に無い場合、異なるフォントに置き換えられてしまいます。Officeデータをそのままご入稿していただく際は、文字の形状やレイアウトが崩れ、制作側で見たイメージと違う印刷物に仕上がる場合がございますので、確認用の見本を添付していただくか、画面キャプチャを添付していただくようお願いいたします。フォントを埋め込んだPDFデータをご入稿いただく事で、トラブルを軽減する事が出来ます。

画像の解像度について

印刷物では画面表示用に比べ、約5倍の解像度が必要とされます。Officeに張り込んだ画像は通常72dpiですが、印刷物では350dpi程度を必要とします。印刷用途に十分な解像度を得るには、貼り込んだ後で20%程度に縮小してレイアウトすることを推奨いたします。解像度が不足している場合、印刷物の画像は粗く仕上がってしまいますのでご了承ください。

塗り足しについて

塗り足しが作成されていないデータで、仕上がりサイズ全面にデザインがされている場合、内容全体が塗り足し分だけ拡大されます。切れては困る文字や絵柄は端に配置しないようお願いいたします。仕上がりサイズ付近が白場である場合はそのままのサイズで印刷されます。

その他、修飾系機能について

テクスチャ・パターン・透明効果等、修飾機能の中には、大幅にイメージが変わったり機能自体が無効になるものがございます。